コールドフォイルの特長

従来の箔押し(ホットスタンプ)との違い

従来の箔押しは「ホットスタンプ」という名前の通り、
印刷し終わった用紙に、ハンコを押すように後加工を行います。
「熱」と「圧力」で、箔を用紙に圧着させるため、印刷物には凹みが生じます。

コールドフォイルは「熱」や「圧力」を使わず、糊を使って箔を用紙に定着させます。
当社のシステムでは印刷工程の一つとして、箔の加工が行えます。

コールドフォイルの特長

コールドフォイル

箔の上に、カラー印刷が可能

箔上にカラー印刷を施せるのが、コールドフォイル最大のメリットです。
金や銀といった、単純な色だけでなく、様々な色彩の金箔表現が行えます。
グラデーション表現も可能です。

箔の上に、カラー印刷が可能

微細な表現が可能

箔押しのように型を作る必要がないので、細い線や微細な表現を行えます。

微細な表現が可能

作業の効率化

従来の箔押しでは、印刷⇒箔押しという2つの工程が必要でしたが、
コールドフォイルは印刷過程で箔を付与(インラインフォイル)できるため、作業効率を向上できます。

作業の効率化
サイトマップ